TOPブログ > 注文住宅でやってよかったこととやっておけばよかったこととは?

注文住宅でやってよかったこととやっておけばよかったこととは?

 

注文住宅を建てた後に「もっとこうすればよかった」と後悔する方は少なくありません。
建てる前は考えもしなかった問題が実際に住み始めて浮き彫りになってきます。
そんな後悔をしないために、今回は注文住宅でやってよかったこととやっておけばよかったことについて紹介します。

□注文住宅でやってよかったこと

注文住宅を建てる際には様々な工夫ができます。
その中でもやってよかったという声が多かったものを紹介します。
ぜひ注文住宅を建てる際の参考にしてください。

太陽光発電を取り入れている人は多いです。
太陽光発電とは屋根に太陽光パネルを取り付けて、太陽光を電力に変換するシステムです。

太陽光発電を導入することで電気代を大幅に節約できます。
初期費用は高額ですが、長い目で見ると経済的に有利です。
また、自治体によっては補助金制度が設けられている場合もあります。

生活していると外でバーベキューや草刈りをしたい時もあるでしょう。
外で使えるコンセントを設置しておくと何かと便利だという声も多いです。

扉を開き戸にすると可動域の確保が必要なので、家具の配置を考慮しなくてはいけません。
そのため、扉を引き戸にすることで玄関のスペースを効率よく使えます。

床暖房は、床から直接熱が伝わってくるため、足元の冷えを解消されるので冷え性の人におすすめです。
また、エアコンと違い空気や肌が乾燥しにくいというメリットがあります。

□注文住宅でやっておけばよかったこと

上で紹介したやってよかった点とは逆に、やっておけばよかったという声が多かったものを紹介します。

*玄関の収納スペースをもっと増やせばよかった

家を建てる時は、靴をいくつか収納できるスペースがあればいいと思っていても、お子様がいらっしゃれば三輪車や遊び道具で玄関のスペースが圧迫されます。
お子様がおられる方は収納スペースを多めに作っておきましょう。

*家の中に干す場所を確保しておけばよかった

共働きの家庭は、洗濯物を室内に干す方が多いです。
そのため、リビングや寝室の窓際に干すこととなり、室内がごちゃついて見えます。
室内に洗濯物を干すつもりの方は、洗濯物を干すスペースを考えて内装を考えましょう。

□まとめ

今回は注文住宅でやってよかったこととやっておけばよかったことについて紹介しました。
せっかくのマイホームなので後悔しないようにしたいですよね。
伊達市、室蘭市、登別市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

============================

ご連絡はLINEが便利です!
建築途中の建物をご案内することも可能です。
今ならお友達追加特典ございます!!

============================


友だち追加