TOPブログ > 高断熱住宅のメリットとは?詳しく解説します!

高断熱住宅のメリットとは?詳しく解説します!

 

「高断熱住宅ってどんなメリットがあるのだろう」、「逆にどのようなデメリットがあるのだろう」とお悩みの方はいませんでしょうか。
今回は、高断熱住宅のメリットとデメリットについて紹介します。

□高断熱住宅のメリットとは

高断熱住宅にはたくさんのメリットがあります。

1つ目は、光熱費を削減できることです。

高断熱住宅は、冬の寒さや夏の暑さの影響を受けることが少ないです。
エアコンや暖房器具などを使用した場合も、最低限の稼働で済むでしょう。
そのため、光熱費を削減できるのです。

2つ目は、ヒートショックの予防です。

お家全体の温度差が少ないので、ホテルのような快適空間にできます。
冬場に洗面所やトイレなどが寒いと感じることも少なくなるでしょう。
その結果、急激な室温差が原因となって発症するヒートショックのリスクも軽減されます。

3つ目は、掃除の負担を減らせることです。

実は掃除の負担を減らせます。
室内の壁表面温度が均一だと、空気の対流による静電気が発生しにくいです。
そのため、壁にホコリが付きにくくなります。

壁の中でも天井付近のホコリを取るのは大変です。
それらを取り除く頻度が減るのは、メリットと言えるでしょう。

□高断熱住宅のデメリットとは

高断熱住宅のデメリットは大きく2つあります。

1つ目は、換気の問題です。

昔の住宅と違い、高断熱化された住宅は、空気がこもりやすいです。
そこから、シックハウス症候群や一酸化中毒のリスクがでてきます。
これを回避するために24時間強制的に換気する仕組みの設置が義務化されているのです。

換気には、空気の取り入れ・排出の両方を換気扇で強制的に行う第1種、屋外から取り込む空気「給気」側のみを換気扇で行う第2種、屋内の汚染された空気を換気扇で強制的に吐き出す第3種があります。
コストやメンテナンス、快適性を考慮して、理想的な換気を検討しましょう。

2つ目は、施工の問題です。

高断熱住宅は、冬季に冷気を、夏季の熱気をシャットアウトでき、冷暖房効率を良くする省エネの住宅です。
しかし、快適な住宅を本当に手に入れられるのかについては、工務店等によって異なります。
工務店によって高断熱の基準が様々だからです。
当社のホームページでは高断熱の施工事例を載せていますので、ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、高断熱住宅のメリットとデメリットについて紹介しました。
高断熱住宅についてご不明な点等ございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

============================

ご連絡はLINEが便利です!
建築途中の建物をご案内することも可能です。
今ならお友達追加特典ございます!!

============================


友だち追加