TOPブログ > 【注文住宅をご検討中の方に向けて】お風呂を決める際に後悔しないためには?

【注文住宅をご検討中の方に向けて】お風呂を決める際に後悔しないためには?

 

20140414-1S2A2946-Edit

注文住宅でのお風呂の決め方が分からずお悩みの方はいらっしゃいませんか。
お風呂は1日の疲れを取る安らぎの場なので、快適な空間にしたいものです。
また家族が毎日使用するため、失敗したくありませんよね。
そこで今回はお風呂を決める際に後悔しないためのポイントをご紹介します。

□お風呂の失敗例をご紹介

まず、注文住宅でのお風呂の失敗例を見てみましょう。
お風呂で失敗した例には、いくつかのパターンがあります。

まず1つ目は広さの問題です。
生活スペースにばかり気を取られてお風呂が狭くなってしまった、というケースがよく見られます。
せっかくの安らぎの場には十分なスペースを確保したいですよね。

また、お風呂に入っている時のことを考えるあまり、掃除のことを忘れてしまいがちです。
お風呂は毎日掃除する場所であり、また湿気がこもりやすいのでカビ対策も考える必要があります。
浴槽や壁の色、素材には、汚れが目立ちにくく掃除しやすいものをご提案しますので、一緒に考えましょうね。

2つ目は不要な設備の問題です。
カタログなどでお風呂をどんなものにしようかと見ていると、多くの便利な設備に憧れますよね。
便利そうだなと思って色々なオプションを取り入れると、意外に使わないものもあるんです。

例えば、お風呂で見るテレビもその1つです。
「お風呂でテレビが見てみたい」
こう思ってお風呂にテレビを取り入れる人は多いでしょう。

ですが、誰かがテレビを見て長時間お風呂に入ると、他の人が入れませんよね。
また深夜にお風呂でテレビを見ていると、音の問題も考えられます。
それぞれの生活スタイルによって取り入れるべきオプションとそうでないものがあるので、一度普段の生活を振り返ってみましょう。

20140414-1S2A2948

□お風呂の間取りやデザインを考える上で気を付けるべきポイントをご紹介

続いて、お風呂の間取りやデザインで気を付けたいポイントを3つご紹介します。

*使ったときのことを想像する

まず1つ目は、使ったときのことを想像することです。
例えば、お子さんがたくさんおられる家庭では、一緒に入ることが予想されます。
一方で1人ずつ入ることが多い家庭では、広すぎる浴槽は無駄になってしまいますよね。
実際に使用することをイメージしてデザインを考えていきましょう。

20151104-1S2A9377

 

*収納スペースの広さ

お風呂のデザインを考える際に、意外に見落としがちなのが収納スペースです。
シャンプーやリンス、タオル類などはやはり脱衣所に収納しておきたいですよね。
洗面台だけでは足りないことがあるので、前もって収納棚を設置する場所を確保しておきましょう。

*2階に浴室を設置する場合の注意点

注文住宅を建てる際に、2階に浴室を設置される方もいらっしゃるでしょう。
その際は、漏水に注意が必要です。
2階の浴室で漏水が発生すれば、1階の部屋に影響があるだけでなく、木造住宅の場合は内部の構造体が腐ってしまう可能性があります。
2階に浴室をつくりたいという方は、防水性が高いシステムバスがあるので一緒に考えましょうね。

20150107-1S2A5427-Edit

□まとめ

今回は、注文住宅でお風呂を決める際に注意したいポイントをご紹介しました。
せっかく注文住宅を建てるなら、1日の疲れが全部取れるような快適な空間にしたいですね。
当社では、お客様のパートナーとして、大切な家づくりのサポートをいたします。
気になること、不安なことがあれば何でもご相談ください。

ご連絡はLINEが便利です!
建築途中の建物をご案内することも可能です。
今ならお友達追加特典ございます!!


友だち追加